サイトマップ お問い合わせ アクセス Facebook ブログ
琥珀にんにく - 田子かわむらアグリサービス有限会社東京支店

たっこにんにくの生育と出荷まで

6月~8月

畑の準備

日当たりがよく、肥沃で保水・排水性が良好な圃場を選定します。
圃場に応じた良質堆肥、石灰分、りん酸分を施用します。
土壌診断を行い、処方箋に従い土壌改良に務める。
特に、酸性をきらい、りん酸施用効果が高い。
※PH(H20)の目標値は、6.0~6.5です。
植付け2~3カ月前に緑肥(スダックスなど)を播種し、植付け1ヶ月までにすき込みます。

 

seiiku_01.jpg seiiku_02.jpg

※健康な土づくりには良い堆肥が決めて。これが良いにんにくづくりのポイントです。

 

seiiku_03.jpg seiiku_04.jpg

※畑はしっかり耕します。耕土は深く、排水を良好にします。

 

 

8月~9月

植付け準備

「種子準備」


種子りん片重は10~15g。これより大きめの種子は、肥大は良いが品質が落ちる傾向にあり、小さめのものは肥大が劣ります。10a当たり種子量は約250kg用意します。
種球をりん片に分割し、大小に選別して、チューリップサビダニ、黒腐菌核病、イモグサレセンチュウ対策の種子消毒を行います。

seiiku_05.jpg

seiiku_06.jpg seiiku_07.jpg

 

 

9月

「基肥施用、畝づくり」

マルチ栽培の全量基肥体系が主体で、基肥は緩効性肥料を主体としたものを施用します。
マルチの色は、透明、グリーン、黒などがあり、地域や雑草等の状況に応じて選択します。
早めにマルチを張り、地温を上げておきます。マルチ前に処理可能な除草剤があるので利用すると良い。
畝幅:160cm(通路込み)、株間:15cm、条間:25cm(4条植)、16,667株/10a。

 

seiiku_08.jpg

 

9月中旬~

10月上旬

植付け

【覆土の作業工程】


マルチング→植え付け→通路から管理機でマルチ上に土をとばす→トンボでマルチ上の土を適度にならす
青森県での植付適期は、9月下旬から10月上旬です。
種子りん片の発根部を下にして、逆や横向きにならないように差し込み、覆土します。種子りん片の最上部から5~7cm程度覆土されるように差し込みます。

seiiku_09.jpg

seiiku_10.jpg

seiiku_11.jpg seiiku_12.jpg

 

seiiku_13.jpg seiiku_14.jpg

※根はやがてしっかり伸びて、今度は芽が伸びてきます。小春日の温かい日がとっても気持ちいい!!

 

 

~春

seiiku_15.jpg seiiku_16.jpg

11月ころに雪が降ってきます。

厳しい冬を迎えて、じっと耐えて春を待ちます。

 

やがて、翌年の春を迎え

seiiku_17.jpg seiiku_18.jpg

※雪解けとともに姿を現したにんにくはとても痛々しい。よく頑張った。

 

seiiku_19.jpg seiiku_20.jpg

4月上旬の姿です。

日々、元気な姿になっていきます。力強い。

 

 

4月

追肥

生育状況に応じてりん片分化期頃(青森県では4月末)頃に追肥を行います。

seiiku_21.jpg

5月上旬の頃

seiiku_22.jpg

5月中旬の頃

 

 

4月

除けつ

大きい種子を植えると2芽以上萌芽してくる場合があるため、りん片分化期以降に1本を残してかき取ります。

seiiku_23.jpg

seiiku_24.jpg

現地検討会 

seiiku_25.jpg

にんにくの管理

seiiku_26.jpg

5月中旬頃

seiiku_27.jpg

6月上旬頃 

seiiku_28.jpg

6月中旬頃

 

 

 

6月上旬~

とう摘み

6月以降抽台してくるため、随時とうを摘み取ります。残すと肥大が劣ります。 

seiiku_29.jpg

6月上旬~

seiiku_30.jpg

にんにくの“抽たいしたとう“美味しいんですよ。

 

 

6月中旬頃

(4月~6月)

防除

春腐病、さび病、ネギコガ等の発生に注意し、予防を主体に計画的に防除します。
茎葉に薬剤が付着しにくいので、浸達性のよい展着剤を使用します。

 

seiiku_31.jpg

6月中旬頃

seiiku_32.jpg

6月中旬頃

 

 

6月下旬~

7月上旬

収穫・乾燥

にんにくの収穫風景


seiiku_33.jpg seiiku_34.jpg
seiiku_35.jpg seiiku_36.jpg
seiiku_37.jpg seiiku_38.jpg
seiiku_39.jpg seiiku_40.jpg
seiiku_41.jpg seiiku_42.jpg

 

 

収穫時期の判断

葉が30~50%黄変し、球の盤茎部とりん片の尻部がほぼ水平になった時期。青森県では6月末~7月初旬頃。
茎葉を刈り取り、マルチを剥いで、手作業か収穫機を利用して掘り取ります。掘り取った株は、茎を10cm付けて根を切り取って、コンテナ詰めにします。 

seiiku_44.jpg

seiiku_43.jpg seiiku_45.jpg
seiiku_46.jpg seiiku_47.jpg

 

乾燥方法
生で出荷するもの以外は乾燥させます。一般的には約35℃の温風乾燥を行います。近年、腐敗等の心配から、ほとんどが温風乾燥となっています。温風乾燥は小屋やハウス内でコンテナをシートでくるむ方法と棚を組んで行う方法があります。

乾燥終了判断

乾燥直前の球重量に対し30~35%減量した時点で、盤茎部に爪が立たない状態で乾燥終了とします。建築用水分計を活用すると、乾燥終了の判断の参考にできます。乾燥期間は概ね2~3週間程度かかります。

seiiku_48.jpg

 

 

7月~

収穫直後の畑づくり

seiiku_56.jpg seiiku_57.jpg
seiiku_58.jpg seiiku_59.jpg

にんにくの収穫直後に畑を耕すことはとても重要です。直ぐ、スダックスなどの緑肥を播種することも肝心なことです。

 

 

7月~翌年

出荷・調製

茎を1.5cm以内に切断し、表皮を1~2枚剥いで根を完全に除去します。出荷規格に従い、1kgネット詰めか小袋詰めとします。

 

seiiku_49.jpg seiiku_50.jpg
seiiku_51.jpg seiiku_52.jpg

東京都内高級店にて販売されています。

 

 

8月~翌年

貯蔵

農家保管で萌芽や発根を抑えられる限界は一般に10月位まで。出荷はそれまでに行います。
11月以降長期保管しながら出荷していく場合は、JA等の-2℃冷蔵庫に乾燥終了後直ちに保管します。この場合、2月出庫までが目安となります。
3月以降まで出荷を行いたい場合は、-2℃冷蔵庫から出庫後、熱処理を行う産地が多いです。熱処理は冷蔵よりさらに萌芽発根を抑える効果がありますが、処理温度や処理時間によっては障害が発生する場合があるため、指導機関に相談します。

 

seiiku_53.jpg seiiku_54.jpg
seiiku_55.jpg  

 

 

 

最高品質のにんにく「たっこにんにく」 他の記事

トップへ戻る